リラクミンの成分を調べてみました

リラクミンはココロのサプリ。睡眠とメンタルケアに効果あるサプリメントとして話題です。

そんなリラクミンが高評価される理由を有効成分から調べてみました!

口コミについてはこちらで紹介⇒リラクミンseの口コミ|全386件からわかった愛用者の効果や飲み方とは?

 

 

こちらがリラクミンの原材料です。では各原材料における成分を解説します。


ギャバ

リラックス効果・睡眠の質を上げる作用があるギャバ。

ココロを落ち着けることで質の良い熟睡へ導きます。


タルトチェリー

睡眠ホルモンであるメラトニンをたくさん含み睡眠のリズムとバランスを整える働きを示してくれます。
※睡眠リズムバランスとはレム睡眠とノンレム睡眠の割合です。


バレリアンエキス

 

不眠や閉塞感に効果があります。よく知られているヨーロッパ産ハーブから抽出されるのがバレリアンエキスです。

又、リラクミンに含まれているGABAとの相性でよく癒やし・快眠効果があると評されています。


クワンソウ

眠り草と言われるクワンソウ。

睡眠を理想的にする働きがあります。


テアニン

 

お茶などに入っているテアニンは気持ちがリラックス効果が発揮されます。


リラクミンにはビタミンBがたっぷり含まれています。

リラックスや睡眠の成分とともにリラクミンにはココロのバランスに不可欠でなくてはならないビタミンB郡が5種類、含まれています。


ビタミンB1

癒やし・神経のバランス改善によいとされています。

ビタミンB2

乳酸(疲労物質)の発生を減少させる効果があります。

ビタミンB6

睡眠のサポートや疲労回復効果が見込まれます。

ナイアシン

睡眠ホルモンになるトリプトファンが多く入っています。

乳酸

セロトニンの分泌を促す作用があります。


このような成分が良い睡眠に欠かせない「セロトニン」の分泌を促してくれるのです。